資金繰りコンサルタントとして活躍する『赤沼慎太郎』が選ぶ10冊。「本は著者の渾身の一冊」-後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。行政書士として事業再生・事業承継・起業支援を専門に取り扱う赤沼慎太郎氏。赤沼氏が説く資金繰りの重要性と人を動かす極意を学べる本をご紹介する。【Professional Library】

1978年、神奈川県茅ヶ崎市生まれ。専修大学商学部卒業後、大手アパレル会社に就職。

2004年、26歳で行政書士赤沼法務事務所を設立し独立開業。事業再生支援・事業承継支援・起業支援を中核に事業を展開し、資金繰り指導、資金調達サポートなど、起業家、経営者の支援を精力的に行っている。行政書士としては数少ない事業再生・事業承継の専門家。そのコンサルティングは分かりやすく実践的な指導と定評がある。

2010年より行政書士、税理士などの士業や経営コンサルタント向けの財務コンサルティングの勉強会『赤沼創経塾』を主宰。他にはない実践的な勉強会として高い支持を得ている。

2015年より中小企業のマレーシア進出支援にも取り組み、日本とマレーシアの橋渡しも行っている。

著書に『専門家のための資金調達の実務』(翔泳社)、『税理士・会計事務所のための事業再生ガイド』(中央経済社)、 『「危ない隣の会社」の資金繰り』(すばる舎)、『銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな! 』、『はじめての人の治療院開業塾』、『はじめての人の飲食店開業塾』、『そのまま使える契約書式文例集』(以上、かんき出版)がある。

 

資料をまとめるだけの仕事は消えていく

新しい技術に見識のある士業の方は、徐々にただ業務処理をサポートするに留まらない事業をされています。私もコンサルティング会社である「アクティス株式会社」を創業したり、士業や経営コンサルタント向けの勉強会「赤沼創経塾」を運営していたりします。

 

2008年のリーマンショックや2011年の東日本大震災が転機でした。日本全体の景気が悪くなってしまい、多くの中小企業がその煽りを受けました。

 

そんな中、もちろん中小企業の経営者の方が相談にいらっしゃることが多かったです。しかし意外なことに、税理士をはじめとした士業の方が、「顧問先が厳しいので相談に乗ってほしい」ということで相談に来ることも多くなりました。

 

こうしたことを背景に2009年に立ち上げたのが、「赤沼創経塾」です。創設して10年になりますが、毎月一度勉強会を開いて、資金調達や資金繰り改善のケーススタディを学んだり、最近の金融事情の共有をしたりしています。

 

人と人のコミュニケーションを大事にする

開業して1番大変だったのは、1から人間関係を作っていくことでした。

 

会社勤めをしていると、その会社の信用力やブランド力などを頼りにしながら営業を進めることができます。ですが、独立すると、そうもいきません。

 

そのため、自分の力量やそれに伴うお客様からの信用が重要です。その信用を勝ちとることは大変なことで、仕事をいただけると喜んで全部受注し、そのせいで少し時間繰りの面で苦労しました(笑)。

 

コンサルティングをする時の相手は、主に社長さんですが、いうまでもなく1人の人間です。したがって、信頼関係を構築するためのコミュニケーションがなによりも大切です。コミュニケーションには原理原則があります。様々なコミュニケーションに関する本が存在しますが、どの本が伝えていることも、原点に戻るとD.カーネギーの『人を動かす』で伝えてくれる内容に戻ってくると思います。

 

ノウハウ的な知識は時代によって変遷していきます。ですが、この『人を動かす』のような古典ともなり得る本にその根本の部分は書かれており、こうした本は、これから先も読み継がれていくのだと思います。誰しもが読んで損のない本だと思います。

 

また、野口吉昭氏の著書『コンサルタントの現場力』『質問力』『解答力』のシリーズも良い本です。的確なコンサルティングをするためには、クライアントを正しく実態把握し、改善案を提案し、提案を受け入れてもらい、それを具体的に実行してもらう必要があります。

 

私がコンサルタントとして最も重要だと思うことは、知識や経験からその人の悩みの解決策を見つけ出すことだけではなく、クライアントの社長に実際に行動してもらうことです。どんなに良いアイデアでも実行されなければ成果は出ません。そのためには、信頼関係を築くことが重要であり、コミュニケーション能力は不可欠です。その考え方に近いので共感しました。コンサルタントに限らずビジネスをするすべての方にとって参考となると思います。

 

人と人のコミュニケーションは、全ての人に必要であり重要なものです。コミュニケーションの中で相手に事実に気付いてもらって、行動に移してもらう。すると、自ずと良い成果を出すことができるようになると思うのです。

最新情報をチェックしよう!