経営・ビジネスを心理学的に分析する経営心理学の『藤田耕司』が選ぶ必読7冊。-後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。AI時代のビジネスマンの働き方を経営心理学から考える藤田耕司氏。公認会計士でもある藤田氏が薦める、経営・ビジネスを人間の性質から学ぶための本をご紹介する。【Professional Library】

1998年に早稲田大学に入学後、大学3年の時に公認会計士の受験勉強を始め、2004年に公認会計士試験に合格。

同年、有限責任法人トーマツに入所後、心理学に基づいて経営のアドバイスをすると次々に成果が出るようになり、なぜ成果が出たのかについて心理学的に解説した内容を経営心理学としてまとめていく。

2011年に有限責任法人トーマツを退所後、経営コンサルティングを事業として始め、更なる成功事例を積み重ねるとともに、経営心理学のコンテンツを体系化し、2012年から静岡産業大学で経営心理学の講義を受け持つ。

2015年には経営心理学を学ぶための経営心理士講座を始めるべく、一般社団法人日本経営心理士協会を設立。経営心理士の資格を発行するようになる。

2016年には日本経済新聞出版社から「リーダーのための経営心理学」を出版し、Amazon2部門で1位を獲得。台湾、韓国からも出版のオファーがあり、同著の翻訳版が2カ国で出版される。

人の行動を変えるためには感情を動かす

最近は、経営者向けのセミナーや大学での講義を行っています。それらの講義で重点をおいていることは、実際に現場を変えるということです。現場を変えるためには、自らの行動を変える必要があります。そのために重要なのが、人間の行動を司っている感情です。

 

リーダーには思考力をはじめとした知性が必要です。ですが、それ以前に感情の理解能力や意思決定の際の直観力が、基礎力として必要になってきます。これらのことが書いてあるのが『EQリーダーシップ 成功する人の「こころの知能指数」の活かし方』です。EQは、一般的に知られているIQ(知能指数)とは異なる、心の知能指数(Emotional Intelligence Quotient)を指します。脳の仕組みから感情を説明し、それをどのようにリーダーシップに活かしていくかについてまで書かれています。

 

単純作業はAIにとって代わられる

経営心理学の1つコンセプトに、「AIとの共存共栄」があります。

2013年にオックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン氏が書いた「The future of employment(雇用の未来)」は日本でも話題になりました。20年以内に約47%の仕事が機械にとって代わられると予想した論文です。当時、私はエクセルのマクロを使って業務の効率化を進めるのが得意であったこともあり、この論文の通り、近い将来、多くの作業は機械によって自動化されていき、技術の進化とともにより多くの仕事が自動化されていくようになると感じました。以来、AIと人間の仕事に関する調査を始め、そういったテーマの講演活動も行うようになります。

最新情報をチェックしよう!