Next Commons Lab 林篤志氏が語る「現代に必要な起業家的精神」と「地方」に注目する理由。

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。「ポスト資本主義社会」を実現せんとNext Commons Labを立ち上げた林篤志氏。林氏が現代に必要だと考える「起業家的精神」と「地方」に注目する理由をオススメの本と共に語る。

1985年生まれ。ポスト資本主義社会を具現化するための社会OS「Next Commons Lab」をつくる。2016年、一般社団法人Next Commons Labを設立。自治体・企業・起業家など多様なセクターと協業しながら、新たな社会システムの構築を目指す。日本財団 特別ソーシャルイノベーターに選出(2016)。Forbes Japan ローカル・イノベーター・アワード 地方を変えるキーマン55人に選出(2017)

http://nextcommonslab.jp

 

ポスト資本主義社会を具現化する

社会人になった時は、現在のように「地方」での活動をしようとは微塵も思っていませんでした。

東日本大震災の後くらいから、「土佐山アカデミー」という人口1000人の村を丸ごと「学校」にするプロジェクトの立ち上げに関わりました。

現在では、社会全体が直面する様々な問題に対して、新たな社会のOSを作ろうと、Next Commons Labという日本全国11か所と台湾を合わせた、全12か所に拠点をもつ団体で日々活動をしています。

 

Next Commons Labは、さまざまな領域で活動するメンバーが集まり、 プロジェクトを通じて地域社会と交わりながら、 ポスト資本主義社会を具現化する議論と実行の場です。(http://nextcommonslab.jp/)

「ポスト資本主義」をどこまで明確に定義するべきか、定義するとしたら何かといった議論と実践を続けています。ただ、重要なのは、僕たちが暮らしている社会の中に様々な種類の共同体が共存しうる状況であることであると確信しています。

どこに価値をおくことが、僕たちにとって幸せな生活を実現するのか。今だと、お金が絶対の価値の基準になっています。でも、「時間」や「健康」なども重要なことですよね。

 

上位数%の人が世界の富の半分を保有しているように、現代の金融資本主義はバグを起こしているのが現状です。ゲームだったら、明らかに強すぎるプレイヤーがいて、戦う前から面白くないみたいな状況。

だから、お金以外の価値軸を持てるような「ポスト資本主義」を提案しています。

 

無数の帰属先をもつべき

現在の日本では、人口の減少傾向が相まって、経済が縮小傾向にあります。これまでであれば、労働力を投入することが直接的に富を生み出すことにつながっていたのとは対照的な状況になりつつあります。

近代に生まれた国民国家の考え方と密接に結びついた、資本主義社会のままでは日本がダメになっていく感覚しかありません。

1つのシステム、1つのアイデンティティに依存せざるを得ない社会なので、苦しむだけになってしまう。だからこそ、システムでもコミュニティでも無数の帰属先を持っておくことで、立ち直れるようにしておくことが大事なのだと思います。

 

最新情報をチェックしよう!