リクルート・営業トップの『廣田さえ子』が選ぶ5冊と結果を残し続けられる「感覚」とは。-前編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。求人広告業界で25年以上働き、今ではリクルートトップパートナーで9期連続MVPを獲得し続ける廣田さえ子氏。廣田氏が求人・採用に活きる考え方とオススメの本をご紹介する。【Professional Library】

求人広告業界26年目。
リクルートトップパートナー9期連続MVP獲得。
株式会社デルタマーケティング エグゼクティブプランナー

【初回訪問商談成立確率90%】【採用成功確率80%以上】を継続しており、今のように超売り手市場にあっても、新しい切り口、そのお客様だけの魅力を引きだす営業スタイルは同業界にとどまらず、他業界からも注目されている。離職率の高い求人広告業界の中では、売上・営業年数ともに「レジェンド」級である。

平均睡眠時間3時間。やらされているのではなく、自分が関わることで良い人材が採用できる。事業が成長していく。組織が強固になる。
この過程をお客様と共有できるこの仕事が天職。客様のクチコミで廣田さえ子の存在は全国区。

口癖は「廣田にやっと出逢えましたね。おめでとうございます」。

キャリアウーマンになりたくて始まった社会人生活

これまで求人広告業界で25年以上の時間を過ごしてきましたが、実は最初は大手広告代理店のようなCMを作るかっこいい人になりたかった。もっと言えば、おしゃれな服を着て、ブランド物のバッグを持って歩くようなキャリアウーマンになりたかったんです。当時は、ホームページとかが一般的ではなかったので、自分の目で見るまではどのような会社かわかりませんでした。

 

当時、その会社では研修がなかったので、入社後すぐに電話帳を渡されてテレアポをするように言われ営業を始めました。オシャレな気分を味わうために銀座や青山のような街に行きたかったので、それらの場所のタウンページだけを開いて、必死で電話をかけていました(笑)。午前はテレアポ、午後は外出の繰り返しでした。

 

たった1秒のアポから始まる

テレアポはかなりの頻度で、相手に「既に契約したところがあるので」と言われ切られます。そこで諦めてしまってはいつまでもアポを取ることができません。改めて電話をかけて、電話を切られた相手に「電話が切れてしまったみたいで、すみません。」と伝えます。

 

今から考えるとめちゃくちゃですよね。でも「新人なので名刺交換だけでも」とお願いすると、少しの時間ならと話すことができるようになりました。かなり食い下がって「1秒だけでも良いのでお話しさせてください」と言うと、お相手もクスッと笑ってOKをいただけることもよくありました。

 

私はその1秒アポを手帳に書き込み、約束した時間ぴったりにアポに行きました。相手が忘れていて名刺を置いていくだけのこともありましたが、これで1日10件くらい、2週間で100件くらいの新規アポになります。新人だったので、仕事をすぐにもらえたわけではないのですが、何度か繰り返し電話していると次第に覚えてもらえるようになりました。

最新情報をチェックしよう!