LINE社長 出澤剛氏 「ビジネスモデルの賞味期限は短くなっている」 “飽くなき挑戦と座右の書” -前編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。日本最大級のユーザ数を持つメッセンジャーアプリ「LINE」のLINE株式会社代表取締役社長の出澤剛氏。出澤氏がLINEの歩みと自身の人生を本とともに振り返る。【Professional Library

 

長野県出身。長野県野沢北高校、早稲田大学卒業。

2001年ライブドアの前身オン・ザ・エッヂに入社。

2007年ライブドア社長、12年同社を買収したNHNジャパン(現在のLINE)取締役。

2015年4月よりLINE株式会社代表取締役社長に就任(現職)。

 

「CLOSING THE DISTANCE」

CLOSING THE DISTANCE。つまり「世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めること」が、LINEが始まってから利用者の皆さまに提供し続けてきた価値であり、現在のLINE株式会社のコーポレートミッションです。

コミュニケーションアプリ「LINE」は、2019年9月末時点で月間利用者数が国内で8200万人と、現在日本最大のプラットフォームと言えます。メッセンジャーだけにとどまらず発展していくLINEの原点と現在の挑戦を知っていただけたら幸いです。

 

LINEは「感情」を伝えるコミュニケーションアプリ

LINEのサービスの原点は2011年3月に起きた東日本大震災です。震災直後からTwitterなどを通して「ここに救援物資が足りていない」のような情報発信にウェブサービスが活用されました。

ですが一方で、携帯回線が使えなくなると親しい人や身近な人との一対一の連絡がとれず、インターネットやスマホを使ってまだまだできることは多いと痛感もしました。スマホ関連でサービスを作ると決めていた私たちは、ただ「情報」を発信し得ることのできるニュースやオープンなSNSではなく、親しい人クローズドに「感情」を共有することのできるサービスを作る決心をしました。

 

2011年4月に本格的な開発をはじめ、2011年6月23日にアプリリリースとなりました。2〜3ヶ月間の開発期間は今でも信じられませんね。震災の後、「やらなければ」という切迫感の中でチームのみんなが必死に開発に取り組んでいたことは今でも覚えています。

 

スタンプと無料通話が起爆剤

今では当たり前になっている「スタンプ」「無料通話」の機能ですが、リリース当初のLINEにはない機能でした。

ある日、デザイナーの1人が自信満々にスマホにあった大型の絵文字(今のスタンプ)の導入の提案をしてきたのですが、周囲には抵抗感を示す人もいました。今やおなじみのムーンやブラウンのデザインだったのですが、今までの絵文字の感覚からすると、ちょっと不思議なキャラに違和感があったのです。

 

ただ、あまりにもデザイナーが確信を持っていたので、半信半疑ながらいろいろな種類のデザインのデモ版をつくって、いろいろな属性の利用者に集まってもらい実際にヒアリングを行なったのです。

すると、ガラケー時代の流行を踏襲したクール系、かわいい系などの他の案は平均点くらいの結果をたんたんと残す中、デザイナー案のスタンプだけは大人たちに全く受け入れられない一方で、女子高校生たちだけには抜群に受けました。ヒアリング中にスタンプの使い方を中心に話がどんどん盛り上がっていく女子高生たちを見て、結局デザイナーの最初の案がLINEに導入されることとなりました。

 

2011年10月にiPhone4sが発売され、爆発的にスマホが普及した時期とこの2つの機能のリリースが重なったことで、ユーザ数がそれ以降は指数関数的に伸びていきました。ユーザがユーザを呼ぶ好循環が起こり、私たちがこの月を「黄金の一ヶ月」と呼ぶこともあるほどにLINEにとって大きな変化の時期だったと思います。

最新情報をチェックしよう!