“社長よ、勉強しろ。” 2社を上場に導いた『池本克之』が選ぶ必読7冊 -前編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。ドクターシーラボ・ネットプライスの2社を上場へと導いた池本克之氏。池本氏がコンサルティングをする上で重要視する自立成長を実現するためにオススメする本をご紹介する。【Professional Library】

1988年日本大学生物資源科学部卒
ノンバンク、海外ホテル事業、生命保険代理店営業を経験。
その後、通信販売のベンチャー企業の経営に参画。

株式会社ドクターシーラボ移籍後、代表取締役として2003年3月ジャスダック店頭公開に貢献。
2003年11月ドクターシーラボを退任。

2004年3月、株式会社ネットプライス執行役員に就任。
2004年7月、マザーズ店頭公開。経営者として2度の株式公開を経験する。

その後、複数の企業経営を経て、現在は組織学習経営コンサルタントとして多くの企業の業績向上、企業文化の発展をコンサルティングしている。
現在は株式会社パジャ・ポス代表取締役を務める。

 

学びが組織の自立成長を生み出す

僕は現在、株式会社パジャ・ポスの代表取締役を務めており、組織学習経営コンサルタントとしてコンサルティングサービスを行なっています。実のことを言うと、大学在学中から漠然と、自分はサラリーマンを対象としたサービスを取り扱う会社を経営しようと考えていました。

 

現在のコンサルティング業に至るまで、様々な事業に携わってきたのですが、その話はこれからするとして、まずは組織学習経営がどのようなものなのかを説明しようと思います。

 

簡潔に表現すると、自律した個人が学びながら継続的に成長する組織を形成する、自律成長型組織による経営です。

 

これまでの経験を踏まえて、独自の確立したメソッドで、組織で働くメンバー個人に焦点を合わせて目指すべき将来像を相談し、学びを仕組み化していくといったものです。

 

組織の構成員である個人をどのようにマネジメントしていくのか。そして、その個々人がどのようにこの組織で学びを深めていくのか。そこをうまくできると自ずと組織は自立成長していきます。

 

これからの経営に必要なことだと考えているので、学びを組織の仕組みに組み込むことをコンサルティングの軸としています。

 

組織をどうしたいのかの基準を持て

組織学習経営の考え方のベースとなっているのが『最強組織の法則』(原題『The Fifth Discipline』。後に『学習する組織』という邦題で増補改訂版も出版されている)です。

 

学習する組織であるための5つのディシプリンが列挙されています。ただ、僕個人としてこの本の一番重要なメッセージは、「判断の基準を持て」ということだと思っています。

 

組織に必要なディシプリンを準備する以前に、経営の本質として「組織をどうしたいのか」を問い直す必要がある。その思いを基準として経営判断をしていき、最終的に学習する最強の組織になることができるということです。

 

この本の知識を自分の経験や知識と結びつけながら、現在のコンサルティングを日々改良しています。

最新情報をチェックしよう!