“社長よ、勉強しろ。” 2社を上場に導いた『池本克之』が選ぶ必読7冊 -後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。ドクターシーラボ・ネットプライスの2社を上場へと導いた池本克之氏。池本氏がコンサルティングをする上で重要視する自立成長を実現するためにオススメする本をご紹介する。【Professional Library】

1988年日本大学生物資源科学部卒
ノンバンク、海外ホテル事業、生命保険代理店営業を経験。
その後、通信販売のベンチャー企業の経営に参画。

株式会社ドクターシーラボ移籍後、代表取締役として2003年3月ジャスダック店頭公開に貢献。
2003年11月ドクターシーラボを退任。

2004年3月、株式会社ネットプライス執行役員に就任。
2004年7月、マザーズ店頭公開。経営者として2度の株式公開を経験する。

その後、複数の企業経営を経て、現在は組織学習経営コンサルタントとして多くの企業の業績向上、企業文化の発展をコンサルティングしている。
現在は株式会社パジャ・ポス代表取締役を務める。

 

事業の成長で組織の問題が生まれる

ハワイの会社の濱崎さんから学んだことや、たくさんの読書をしたことで得た知識があったので、ドクターシーラボのコンサルティングはかなり順調に進んでいきました。

 

僕がドクターシーラボの社長になった時は3億円ぐらいの企業価値で、従業員数が15名くらいでしたが、企業価値120億円で従業員300名というように成長していきました。そうすると組織の問題が生まれてきます。

 

商品開発やマーケティングのような外向きの業務に関しては、誰もが進んで取り組んでくれます。一方で、決算や人事、在庫管理のような仕事はなかなかうまく回りません。

 

オーナー企業だったので、社長に就任していた僕の指示とオーナーによる指示のどっちに従って行動すればいいのか、従業員も困惑してしまうような状況が続いていました。

 

それでも僕は食っていけていない時に、チャンスを与えてくれた企業(前編参照)に恩返しの意味も込めて内部管理の改善などにも必死に取り組みました。それでようやく上場が決まろうという時に社長の座から降りたわけですが、おかげさまで何億円かいただくことができました。

 

そこから少しの間は何もせずにブラブラと過ごすわけですが、人間がダメになってくる感覚があったのでちゃんと働こうとまた別の会社に入る運びとなります。

 

どんなことも人の問題に結びつく

その頃はちょうどITバブルの幕開けの時期でした。ネットプライスという会社を紹介され、執行役員として入社。その1年後に社長になりました。

 

そこでは、ドクターシーラボであまりうまくいかなかった組織の問題が起きないようにうまくやっていき、バブルの波に乗って勢いそのままに株式上場までに至りました。

 

結局3年くらい経った頃に、大赤字を叩いてしまい社長を引責辞任することになります。社員の半分以上をリストラするといったことを経験し、商品のやり取りなら感情がないから人を扱うよりよっぽど楽だと考えるようになっていました。

 

ネットプライスを辞めてからは、人の問題に関わらないように商品系のコンサルティングを専門に行なうようになりました。すると、ノウハウはあるのでうまくいくわけです(笑)。

 

でも、事業がうまくいって依頼人の会社にとっての「先生」のようになった僕は、組織の問題についても相談されるようになり、人の問題に向き合わなくてはならなくなります。それ以来、むしろそこを経験を絡めながら相談に乗ることができるコンサルタントとして活動しています。

最新情報をチェックしよう!