行政書士×αを追求する『石下貴大』が選ぶ3冊。 ”行政書士の情報のハブになる”

社会問題を共に解決していかなければならない

社会問題の解決はお金に余裕がある方が行うものだというイメージがありました。ですが、実際はそうとは限りません。それを気付かせてくれるのが『チェンジメーカー』です。

 

これまでボランティアが中心だった社会問題解決が、事業としての価値を提供し報酬をもらいながら運営されるようになりつつあります。ソーシャルイノベーターに関する本で、具体的に活動をイメージしやすい本なので、社会問題を解決したいけど自信がないという方に是非読んでいただきたいです。

 

自著『図解明解 廃棄物処理の正しいルールと実務がわかる本』は専門書ながら、会社経営者の方には是非読んでいただきたいです。プラスチックゴミの問題を始めとして、ゴミ処理の問題は多く存在します。廃棄物の適正処理が進み、未来により良い環境を残したいという思いを込めて書いた本です。

 

社会問題の解決には、間接的でも良いので共に取り組んでいく必要があります。行政書士としての専門的な知識を活かせる領域で、生活や業務を便利にできるようなサービスをどんどん生み出していくことで貢献していきたいと考えています。

 

Book List

ルールメイキング: ナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論』齋藤 貴弘 (著) 学芸出版社

チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える』渡邊 奈々 (著) 日経BP

図解明解 廃棄物処理の正しいルールと実務がわかる本 排出事業者責任に問われないためのリスクマネジメント』髙橋 利行 (著), 石下 貴大 (著) 翔泳社

最新情報をチェックしよう!