プロデューサー『角田陽一郎』が選ぶプロデュースに活きる4冊。”読書は時空間の移動ができるもの”

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。数多くのバラエティ番組の制作を担当したテレビプロデューサー角田陽一郎氏が薦めるプロデュースに活きる4冊を紹介する。【Professional Library】

1970年千葉県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業後、1994年 に東京放送(TBSテレビ)に入社。「さんまのスーパーからくりT V 「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXIL魂」「オトナの!」など、数多くのバラエティ番組を担当。 会社員の枠を超えて、映画監督やネット動画配信会社の設立、音楽フェスティバルの開催、アプリの制作、舞台演出など、多種多様なメディアビジネスにも携わる。

2016年12月にTBS退社。
現在は、テレビ番組のほか、YouTube動画、メディアブランディングなど、さまざまな革新的アイデアを基にビジネスを創造し続けながら、2019年4月からは東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻文化経営学修士課程の学業にも打ち込んでいる。
主な著書に『最速で身につく世界史』『人生が変わるすごい「地理」』『出世のススメ』『「本音で話す」は武器になる』『運の技術』『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』『「好きなことだけやって生きていく」という提案』などがある。

 

プロデューサーとは

多くの人は、番組を面白くすることがプロデューサーだと思ってるかもしれないけど、それは違くて、準備しなくてはいけない事はなにかを考えるのがプロデューサーなんです。だから面白いことを考えるのがプロデューサーではなく、お金、人、場所とかあらゆることを考えるのがプロデューサーなんですね。

華やかなイメージがあるかもしれないけど、それはプロデュースされる演者の方なんです。自分が演者になりたいのに、自分はプロデューサーだとか言っているクリエイター志望の人は多いです。僕にとってプロデュースとは、「思いついたことをどう実現するのか」という、真の意味でのプロデュースです。それは修行しないと無理だと思うんですよ。ところが、今は修行がブラックなものだと思われているじゃないですか。

例えば、動画を作ってYouTubeで有名になってしまえば、テレビの依頼が来るかもしれない。だから修行なんていらないと思ってる。だけど僕が言ったことは修行しないと身につかないと思っています。例えば「寿司屋の修行なんて意味ない、握るのを学校で教えてもらって、すぐデビューした方がいいと」言っている人がいました。でも寿司屋業界の中では「ちゃんと修行したやつじゃないと、市場では良い魚はおろしてくれないらしいよ」という側面がやっぱり現実としてあると思うんです。

つまり人は、技術があればやれるじゃんと思ってしまうけど、人間は感情の生き物なので、こいつ頑張ってるから俺も応えてやろうと思うんですよ。ただ、誤解があるんだけど、0.1%の本当の天才はいると思います。ポール・マッカートニーとか村上春樹とか、この人たちは何を作っても売れてしまう。みんな彼らと自分を重ねるけど、そんな天才は多くはそうではない。だから、そうじゃない99.9%の人は、環境との折り合いをつけるのが重要です。その自分を取り囲む環境の中でも自分は0.1%になれると信じて、PDCAを回しつづけることが修行だと思います。強い志を持って、修行していけば、突き抜けることが可能だと僕は思います。

テレビは社会の合わせ鏡

テレビといえば、リアクションワイプは日本で生まれたものです。僕が思っているのは、そんなワイプの中の人の目線を自分の人生に持て!ということですね。アメリカにナショナルジオグラフィックTVとかあって、シマウマをライオンが追ってるとこけたりするドキュメンタリー番組がありますけど、そこにリアクションワイプはない。日本では、そのライオンの映像をワイプの関根勤さんが見ていて、その爆笑している反応を面白がったりするじゃないですか。だから人に想いを伝えるときも、単に自分の感想を人に伝えるのではなくて、その自分の想いを客観的なワイプ目線で見たとして、どう感じたかまでを考えるべきだと思いますね。

最近、「テレビとかってくだらないですよね」、「つまらないですよね」と言われます。全くそうだと思いますけど、なんでくだらないかと言うと、僕ら日本人がくだらないからです。日本経済が10年前と比べて何割減になっているわけじゃないですか、なんであなたの会社が何割減になっているのに、テレビは100%を維持できると思うんですか?あなたの生活が20%減なら、テレビも20%減。テレビは、あなたやあなたの会社の合わせ鏡でしかないのに、なぜテレビがつまらないと文句言っているの?テレビをつまらないと言っているあなたがつまらないからでしょ。あるいは儲かっていないから、CMを出してくれないから、お金を出してくれないから、いつまでたってもくだらないワイドショーばっかりやってるんでしょ。

YouTubeやNetflix、AbemaTVが台頭する一方で、それらの人気番組は実はテレビ番組の制作スタッフが作っているものも多いです。だから実はテレビと一緒なんですよ。コンテンツがあって仕組みがある。多くの人は仕組みを作っている方が偉いと思っているけど。僕に言わせるとコンテンツ作れる人って限られているから、どんな仕組み作ろうと、面白いもの作れる方が大切だと思っています。現役のテレビマンなんて1000人くらいしかいないから、そのテクニックはレアなものなんです。テレビ局で作るより、Netflixの方がお金をもらえるから作っているんです。だから状況が悪いことを環境のせいにするのではなくて、自分というものがまずあって、その環境の中で、どう自分のテクニックを発揮するかを考え続けることが大事なんだと思っています。

最新情報をチェックしよう!