JapanTaxi 社長 川鍋一朗が語る ドラッガーから学んだ経営と革新的な挑戦の秘話

コンテンツホルダーであり、プラットフォーマーになる

ーー今後のJapanTaxi、川鍋さん自身の挑戦を聞かせてください。

川鍋:ひとことで言えば、垂直統合と水平統合を両輪で進めていこうと考えています。図を描いて説明しますね。(下記、スライドは川鍋さんが描いた図を再現したものです)

これまで、日本交通は「呼ぶ・乗る・払う」をタクシーサービスとして行なってきました。それが2011年に配車アプリをリリースし、ウォレット機能を拡充したことによって、「呼ぶ・払う」についてはITの力を借りることとなりました。

「乗る」は日本交通のタクシーサービスなので、そのままです。これらのサービスをより良くしてお客様に届けられるようにするのが垂直統合です。これが最適なものになれば、移動手段としてのコンテンツが大成するのだと考えています。

そして、水平統合は様々な場所で同じように上のコンテンツを届けることを目指すものです。いわゆるプラットフォーマーになることで、東京や大阪など日本国内だけにとどまらずに、将来的には海外にも展開していけるような準備を整えていきたいと考えています。

もちろん、プラットフォーマーを目指すためには、自社の資本だけでは狙いきれないので、他社とも協力しながら取り組む。

日本交通はタクシーサービスのコンテンツホルダーに、JapanTaxiは配車サービスのプラットフォーマーになっていきたいと考えています。

果敢に挑戦していくことが大事

ーー最後に、ビジネスで挑戦する人にオススメの本があれば教えてください。

川鍋:1冊挙げて、と言われたら『ゼロ・トゥ・ワン』ですね。とにかく逆張りがすごい。

逆張りを実践すると、めちゃめちゃ勝つか、一瞬で消えるか。この果敢な挑戦が大事なんだと思います。

ただ、挑戦を続けていると、ツラい時は何度もやってきます。経営者としてキツイ時には、『ハード・シングス』を手に取ります。この本を読むと精神的に救われるので、私にとってはお守りのようなものですね。

Book List

ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる』 P.F. ドラッカー (著) ダイヤモンド

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命』 P.F. ドラッカー (著) ダイヤモンド社

チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!』 P.F. ドラッカー (著) ダイヤモンド社

日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」 タクシー王子、東京を往く。』 川鍋 一朗 (著) 文藝春秋

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』 ピーター・ティール (著), ブレイク・マスターズ (著) NHK出版

HARD THINGS』 ベン・ホロウィッツ (著) 日経BP

最新情報をチェックしよう!