従業員全員がオーナーに?新しい組織の形”Co-Owned”を生み出す小泉大輔が薦める5冊。

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?公認会計士の資格を持ちながら、従業員の幸せという観点から経営を分析する小泉大輔氏。小泉氏が従業員の主体性が高まる5冊をお薦めする。組織を率いるビジネスマンは必見。

株式会社オーナーズブレイン 代表取締役/公認会計士/税理士 ・1970年9月5日生まれ、東京出身 ・1993年上智大学経済学部経済学科卒業 ・1995年公認会計士第2次試験合格 ・1995年朝日監査法人(現あずさ監査法人)・1995年公認会計士第3次試験合格、公認会計士登録 ・2003年(株)オーナーズブレイン設立・現在、同社代表取締役

幸せに疑問を持つべき

父親の心臓病の手術が、僕にとって大きな転換点でした。父親は、歌手、映画俳優として活躍する芸能人でした。芸能界の中でも、父は、とくに、前向きで、幸せに満ち溢れていることでも有名だったのですが、ちょうど今から10年前、手術不可能といわれた難しい心臓病の手術が成功したと思われたのですが、その後遺症で両足を切断しなければならない状況となり、それ以来、父から笑顔が消えてしまいました。

あれだけ幸せだった人が、急に幸せではなくなってしまう状況に直面したことで、「幸せって何だろう」という疑問が湧きました。イリノイ大学・心理学教授エド・ディナーの研究によれば「幸福度の高い社員の生産性は平均で31%、売上では37%、創造性は3倍高い。」ということだそうです。私自身も、公認会計士として、いろいろな会社をご支援しておりますが、売上、利益が継続的に伸びている会社の共通点として、働いている従業員が幸せであることが大きな要因であることに気づきました。そのようなことからも、「幸せ」というテーマに関心が深まり、どうしたら、従業員が休み明けに会社に出社することがワクワクするようになるかなど、現在は幸福と経営の関係性について研究しています。

幸せに働くことのヒントは”Co-owned”にある

幸せについて考えるにあたって、世界中の事例に目を向けて考えることが重要だと思っています。父からの学びがきっかけとなり、幸福度指標の高い国や地域に行って、インタビューをするようになりました。もう60か国近くに行きましたね。

直近で僕が注目しているのは、2019年8月にアメリカのBusiness Roundtable(日本でいう経団連)が、投資家や株主を重視する株主第一主義を見直し、「従業員や地域社会などの利益も尊重した事業運営に取り込む」と宣言したことです。この変化の社会的な意義は大きいです。

でも、実は、この衝撃的なニュースよりもずいぶん前、英国では約100年前から、また米国では1974年から”Co-owned”という「幸せの資本主義」の事業モデルがあるということは日本ではあまり知られていないと思います。

”Co-owned”は、従業員が自ら働く会社の影響株主・支配株主となる事業モデルです。基本的に従業員は、株式を買うお金を負担しない、株式を引き出せるタイミングは退職時などストックオプション制度や従業員持株会制度とは異なりますが、とくに、従業員が影響株主・支配株主となる点が大きな特徴です。つまり従業員は会社のことを、自分ゴトとして考えられます。実際、英米の研究では、”Co-owned”は、”Co-owned”でない会社と比較すると、利益率、従業員の定着率、会社の持続性で非常に優れているという報告もあります。

日本の書籍でも、”Co-owned”についての本があるのでチェックしてみてください。『コーオウンド・ビジネス』では”Co-owned”型の経営の事例が載っています。会社の儲けが公平に従業員、そして社会に還元されていくことがイメージしやすいと思うので、オススメです。

 

最新情報をチェックしよう!