稲盛和夫の”生き方”が生んだ「日本一裁判をしない弁護士」の『三谷淳』がお薦めする6冊。-後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。8社を新規上場に導いた三谷淳氏。三谷氏が現在に至るまでの経緯や法律や人としての在り方を問うオススメの本をご紹介する。【Professional Library】

慶應義塾大学法学部法律学科卒業。大学在学中(1996年)に司法試験を最年少合格。2000年に弁護士登録後、大手法律事務所に勤務。旧日本軍の爆雷国家賠償訴訟に勝訴し、数々のマスコミに取り上げられる。

2006年に独立、事務所設立。紛争予防の大切さに気付き、徹底研究の結果「日本一裁判しない弁護士」と呼ばれ、経営者から絶大な支持を受ける。

2010年に同世代経営者勉強会【S70’s】(会員約200人)を立ち上げたほか、京セラ創業者稲盛和夫氏から直々に経営哲学を学び、また、東証JASDAQ上場企業の取締役に選任されるなど経営の王道を模索する。

弁護士、税理士、取締役の3つの視点から「経営を伸ばす顧問弁護士」として、全国各地の上場企業から小規模企業まで約100社の顧問弁護士を務める。

 

弁護士の枠に捉われない弁護士に

弁護士は法律関連業務をサポートするのが仕事です。そして、その仕事の依頼人は法律に詳しいことはあまり多くありません。そのため、正しいことを言うことだけが私たちの仕事ではないわけです。

京セラフィロソフィ』を紹介した際(前編参照)にも言いましたが、「利他の心」も重要です。稲盛和夫さんの盛和塾に出会って、仕事に対する考え方が変わっていったことで、仕事は弁護士というよりもむしろコンサルティング業になっていきました。

相談の種類は多岐に渡ります。例えば人事関連では、新卒採用はどのようにすれば良いか、従業員教育はどのように行うか、人事評価をどのようにするのが良いか、などです。組織の課題解決の相談もある関係で、昨年にはコンサル会社を立ち上げたり、最近は税理士法人を立ち上げたりしたので、今では3つの法人を運営しています。

営業とは人の話を聞くことだ

コンサルティング業を始めると、案件をいただくのに営業が必要になってきます。営業と聞くとどのようなイメージが湧くでしょうか。営業は自分のサービスをいかにお客様に「売り込む」かが重要だと当初の私は考えていました。

この時に出会ったのが『お金と心を動かす会話術』です。この本によると、営業とは「相手が何をしたい人なのかを聞くこと」です。お客様のニーズは、多少お金を払ってでも解決したい問題であるという本質をついた考え方です。自分のサービスを押し付けるのではなく、相手のニーズを聞き出し、そのニーズに対して自分ができることを提示する。「利他の心」(前編参照)に従った営業手法としてとても参考になります。長年営業に携わっている人でも会話術の確認として読んで欲しい一冊です。

世界で勝てる企業に押し上げるのが使命

複数の法人を運営していますが、私の中でのライフワークは一貫しています。それは中小企業を応援するということです。現在の日本では社会保障などの問題もあり、危機的な状況にあります。ただ自分一人がこの大きな問題に対してできることは、そこまで多くはありません。しかし、日本全国にある約400万社の企業が、財務的に良い状況になれば多少は改善されるはずです。

全企業のうち99%以上を占める中小企業の約6割が、残念ながら赤字決算というのが現状です。私はこの状況を変えたいと考えています。中小企業の社長たちの景色を変え、世界で戦えるほどに成長できるようにお手伝いする。つまり間接的に利益を生み出し、雇用を生み出し、そして納税をする。中小企業を盛り上げることで社会貢献をするのが、私の使命だと思っています。

最新情報をチェックしよう!