“少しの意識でコミュニケーションは変わる”『森優子』が選ぶポジティブになる5冊。-後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。昼夜のダブルワークを経験し、人身掌握術を体得した森優子氏。コミュニケーションアドバイザーとして活躍する森氏がコミュニケーションをより良くする意識とオススメの本をご紹介する。【Professional Library】

コミュニケーション・アドバイザー。東京生まれ。短大卒業後、西武グループに入社。西武ライオンズのチアリーダーに従事する。

結婚、離婚を経てシングルマザーになり、大手求人広告会社にて求人広告の法人営業を担当。グループ内における月間MVP賞や月間売上トップ賞をたびたび獲得する。

その一方で、生活のために夜は銀座のクラブホステスとして14年間働き、ナンバーワンホステスの座をキープ。2013年、両親の介護のために惜しまれながらホステスを引退。

14年間のダブルワークにおいて、大企業から中小企業、個人事業主までさまざまな業界の成功者、成功していく姿を数えきれないほど身近で観察、その数は1000人を超える。

2015年に、従業員の印象やコミュニケーションスキルをアップさせるコンサルティング事務所「マリアージュ」を開業。お客さまの心をつかむ接客術、人心掌握術をはじめ、人生の目標を達成するための力をつけるコミュニケーション・アドバイザーとして、クライアントから絶大な支持を得ている。

人とのつながりにも整理整頓を

当たり前のことですが、コミュニケーションがうまく取れるようになると、多くの方との関わり合いを持つようになります。仕事においても、様々な取引先やお客様と話すことがあると思います。すると、長い付き合いをする仲もだんだんと生まれてきます。取引先だけではなく、職場の同僚についてもそうですね。

 

長い付き合いになってくると、関係を保つことがその人への感謝を表すと錯覚してしまうことがあります。深い関係があるわけでもないのに、とりあえず連絡をたまにとっている人とかどうしてもいるはずです。

 

私は人とのつながりにも整理整頓が大事だと思っています。つまり、冗長での人間関係には適切に区切りをつける必要があるということです。人は日々成長していきますし、ずっと間関係を持つだけが感謝の形ではなく、いったんしっかりお礼を言ってそれぞれの道をいくのも一つの感謝だと思っています。

 

タイミングを信じてみる

私がこれまでに経験してきた区切りの中でも、判断が最も難しかったことの一つが転職です。仕事に就いていて、調子が上向きだと継続していくことは難しくないのですが、逆の場合「このままでいいのだろうか」と疑心暗鬼になってしまいます。

 

自分自身に対して疑心暗鬼になってしまっている人にぜひ読んでいただきたいのが『今がベストタイミング』です。自分の生活を左右するほどの判断のときに私が大事にしている「タイミングを信じてみる」ということを学んだ一冊で、物事の判断の仕方が変わりました。

 

何かを決断しようとすると、周りからストップがかかることがあります。でも、そのストップもこの本では「タイミング調整」と表現されています。うまくいってないのも、この先のよくなるタイミングの前の調整期間だと客観的にみることができるようになり、ポジティブでいることができます。

 

物事があまりうまくいかないときにも、そこで新たに出会った人が大事な人になることもあります。判断とタイミングの関係性を知ることで、判断しづらいことも的確に判断できるようになることのできる可能性を秘めた一冊だと思うので、是非読んでみてください。

最新情報をチェックしよう!