“少しの意識でコミュニケーションは変わる”『森優子』が選ぶポジティブになる5冊。-後編-

本は一番の「相談相手」

悩み事があるとき、信頼できる友人に話を聞いてもらうことがありますよね。そして、話を聞いてもらうとスッキリするし、良いアドバイスをもらうことができたら前向きになることができます。それはそれで良いと思うのですが、私は「最後は自分で決める」ことが大事だと思っています。

 

自分の悩みに合わせて読む本のジャンルを選んでいると、自分の悩みの答えが本の中にあることがあります。すると、いつの間にか自分の中にその解決策が吸収されて、悩みが消えていることがあります。

 

小説なんかは、読み進めるうちにその世界にのめり込んでいくので、本の内容に関わらず悩んでいた事を忘れさせてくれるので不思議ですよね。

 

深く悩んだときには、過去に読んだ本を改めて読むことで、「よし、やっぱり間違っていない」と本に元気をもらうようにしています。

 

コミュニケーションによる人間愛が全てを解決する

自著『雑談が上手い人下手な人』では、単にコミュニケーションの上達の一環として、雑談をうまくなる事をお勧めしています。この本では、雑談が上手になるための考え方や方法をご紹介しています。

 

コミュニケーションがうまくなることで、すべての人が愛されるようになって楽しい人生を歩んでほしいという思いを込めて、私はこの本を書きました。人付き合いが良くなれば、友人関係の中に信頼感が生まれ、不思議とストレスもなくなるはずです。この本を読んだひとすべてがそうなってくれればと思います。

 

コミュニケーションによる人間愛をみんなが感じることができていたのであれば、今世の中にある社会問題もほとんど起きていないとさえ思います。例えば、児童虐待や老人ホームでの問題、いじめ問題などです。

 

ちょっとした意識で変えることができるコミュニケーションをみんなができるようになって、より良い世界になってくれることを心から願っています。

 

※インタビューをもとに作成
インタビュー:青木郷師、文章:高井涼史

Book List

すべてがうまくいく宇宙の法則 今が、ベストタイミング!』 越智 啓子 (著) 大和書房

雑談が上手い人 下手な人』 森 優子 (著) かんき出版

最新情報をチェックしよう!