弁護士ドットコム代表 元榮太一郎が語る 創業秘話とやり抜く力 “思えば叶う。継続は力なり。”

思えば叶う。継続は力なり。

ーー苦しい状況が続いた中、結果が出始めるまで続けられた理由は何ですか?

元榮「思えば叶う」「継続は力なり」これらは強く信じています。弁護士ドットコムで手掛けている電子契約サービス「クラウドサイン」も、最近のリモートワークの時流に乗ってより一層注目いただいています。

「弁護士ドットコム」も、「クラウドサイン」も、前々から「あったらいいな」と考えていたものを形にしてきました。でも、先ほど話したように、最初からすんなり社会に受け入れられないというのが世の常です。

だからこそ、本当に良いものを作りあげようと努力を続けることが大事なのだと思います。後々になって、自分が作りあげてきたものが注目されるようになってくると、誰もが天動説を信じる中、1人地動説を唱え続けた結果、後になって認められたガリレオになったような気持ちですね。

 

ーーガリレオになったような気持ちは中々味わえるものではありませんよね。その辺りで共感した本はありますか?

元榮:『GRIT』はベストセラーだったと思いますが、とても良かったです。やり抜く力は何においても大事だと思っていて、それがうまく言語化されていました。

ビジネス書などでは、方法論ばかりが取り上げられますよね。でも、私はむしろ心構えやメンタルの面が大事だと考えています。どうしてもやりたいことを探して、何が何でもやり遂げる。言い訳づくりに頭を使うのではなく、どうすれば実現できるかを考え続けることが何よりも重要だということです。

また、中村天風の『成功の実現』もかなり昔の本ですが、同じような指摘をしています。当時、たまたまビジネス雑誌でこの著者のことを知って、偶然手にとった時の学びが今にも通じています。

マインドセットができていれば、方法論は後からついてきます。人間は奇抜なアイデアを思いついた時に、「目標が大きすぎる」「現実的ではない」と考えてしまいます。でも、「面白いかも?」って思ったものは実現可能なはずです。最後までやり抜くことが大事だと考えています。

 

世界に羽ばたくグローバルメガベンチャーに

ーー最後に、これからの時代の展望とご自身のこれからについて聞かせてください。

元榮:自著の『「複業」で成功する』でも触れましたが、働き方をはじめとして今までの時代から大きく変化することがたくさんあります。そして、すべての人が1人のビジネスパーソンとして価値を高めていく時代になっていきます。そこで重要なのが、最後までやり抜く力であり、学び続ける姿勢です。

弁護士ドットコムは多くの方に利用していただけるようになりましたが、まだまだ始まったばかりだと考えています。

世界に羽ばたくグローバルメガベンチャーに。日本が世界に通用する企業があるんだと知ってもらえるようになる。戦後の焼け野原からトヨタや松下電器が生まれたように、人口減少という厳しい時代を迎えようとしている日本を強くしたいという使命感を感じています。

新しい時代の流れにキャッチアップしていったり、逆に先人たちや歴史に学んだりしながら、孫正義さんが言うように「時代を追わず、読んで仕掛けて待つ。」を実践していきたいと思います。

 

Book List

リーダーシップの旅野田 智義(著), 金井 壽宏(著) 光文社

GRITアンジェラ・ダックワース  (著) ダイヤモンド社

成功の実現中村 天風  (著) 日本経営合理化協会出版局

「複業」で成功する元榮太一郎  (著) 新潮社

最新情報をチェックしよう!