Tシャツだけで30億を稼ぎ出す『新開強』が選ぶ急成長のために必要な8冊。-後編-

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。学生起業家からオーダーメイドプリントTシャツ事業を年商30億円業界No.1まで育て上げた新開強氏。新開氏が、これからの時代でメーカー・ブランドが勝ち残り続け成長し続けるために読んでおくべき8冊の本をご紹介する。【Professional Library】

株式会社プラスワンインターナショナル代表取締役。1975年生まれ。独協大学を中退しアメリカISU(Indiana State University)に留学。

STUSSYをはじめとするストリートウェアブランド全盛期の中、地元高松にセレクトショップをオープンし、シカゴのストリートブランド「D‐gital」と日本総代理店契約を結ぶなど、学生起業家として活躍。

しかし一方でビジネスなど未経験の勢いだけにまかせた甘さ、その後のアメカジブーム衰退もあって大借金を抱え、アルコールにハマり、異国の地で路頭に迷う。心身ともにどん底の中、代理店時代に見よう見まねではじめたグラフィックデザインでTシャツのPBを作ったことが大きな転機に。帰国後の2003年、オーダーメードプリントTシャツ事業を創設。

実店舗37店舗、年間販売枚数227万枚以上、売上約30億の業界No.1企業に育て上げる。現在ではTシャツのみならず幅広くオーダーメードプリントを展開。自身の起業の原点である「デザイン」の魅力を広く伝えたい、「感動のデザインを身近に」をモットーに事業に打ち込んでいる。

読書にセカンドオピニオンを求める

そもそも普通に生きていると自分のことしか知ることができません。ですが、本を読むと有名な人と自分に同じような要素があることに気づいたり、一般的な考え方と自分の違いに気づいたりします。そうすると、自分の行動の自信につながります。

 

もちろん同じテーマの本でも、著者によって意見が異なることがほとんどです。そのため、自分の中の軸をブラさないことだけは意識して読むことにしています。

 

自分が何かに悩んでいる時に本を読むことが多いです。問題解決の糸口を探すというイメージです。評論家や学者の方々の書籍も体系立てられていてわかりやすいのですが、実際に実践できるようなことを探していることが多いので、現場の第一線で活躍されている方の本を読むことが多いです。

 

自分の行動選択が間違っていないことに自信を持ちたかったり、解決策の糸口を知りたかったりと考えると、本の意見を私以外の視点からの異なる意見として利用しています。

 

じっとしているのがあまり得意な方ではないので、読書はずっとやってこなかったのですが、感覚の経営では限界を感じ始めた頃に読書を始めました。自分をレベルアップさせるという意味でも、朝の出勤前に読書することを習慣にしています。

 

共に創る、アパレルの新しい形

アパレルの世界も例外なく、どんどん新しい価値観が作り出されています。私が事業を始めたときもそうでしたが、ハイブランドなものを企業が生産して、それを消費者が広告に出ている有名人に左右されて単純に選ぶということは減っていきます。

 

インターネットの登場によって、これからはどんどん個人の趣向に合わせる「カスタマイゼーション」の時代になってくると思います。企業側の一方的に発信されたものではなくて、お客様と一緒にモノづくりをするとか、オンリーワンのものを提供するみたいな「共創」の時代になりつつあります。

 

アパレルの視点から、この次の時代を見られるのが『誰がアパレルを殺すのか』『想像する未来』『2030年アパレルの未来』の3冊です。この3冊はそれぞれ似ているのですが、世界のアパレル業界と日本のアパレル業界の比較や、アパレル業界に限らない産業界から今後のアパレルの予想など、アパレル業界で戦う僕にはかなり参考になりました。アパレル業界以外の人でも、これからの消費活動がどうなるのかを知ることができると思うので、読んで損はないと思います。モノづくりを仕事にされる方にはぜひ読んでほしいです。

 

それぞれ少しずつですがご紹介します。まずは『誰がアパレルを殺すのか』です。この本では、「作れば売れる」時代の成功体験に縛られて業界不振に陥っているアパレル業界を、新興企業の取り組みから捉え直す内容になっています。中古販売やレンタル産業などの他業種との関連もあるので、まさに次の時代の産業を予感させてくれます。

 

次に『想像する未来』です。この本はファッションが売れない最大の理由は、「ライフスタイル創りを一時の流行よりも優先する消費者のニーズに合わせられていないこと」と伝えています。グローバル展開まで視野を広げて考えられるかの観点も含んでいるので、グローバルに展開している産業に勤めている方には参考になると思います。

 

最後に『2030年アパレルの未来』です。「服は売れているところでは売れている」という筆者による分析は間違いありません。消費者の求めるものが何であるのか。受注生産と大量生産、アナログ販売とデジタル販売等々、モノを売る者として知っておくべきことをアパレルの切り口から知ることができる本です。分析を基に先行投資をして、10年後には結果を出してやろうと考えている経営者の方は読んでみるといいと思います。

最新情報をチェックしよう!