Tシャツだけで30億を稼ぎ出す『新開強』が選ぶ急成長のために必要な8冊。-後編-

何かに本気で向かっていけるか

僕は最初から起業がしたかったわけでは無いです。ただ、目立ちたいというのはアメリカ留学の時も起業の時もずっと変わらないことでした。目立つための1つの手段だったわけです。でも同時に、自分がやりたいと心から思えたことです。

 

行動に移すことができていなかったら後悔していたと思います。可能性を残したままの後悔は悔やんでも悔やみきれません。しかし、僕のように自分がやりたいことをやりたいようにやっていれば、例え失敗しても後悔はしません。とはいえ、最初から計画を立てて、今の状況になるということができたかと言えば、そんなことは無いと思うので面白いですね(笑)。

 

私の著書『Tシャツだけで30億。』では、勢いだけで超えてきた私の人生の失敗談と行動の重要性を伝えています。私のアパレル事業を立ち上げてインターネットに出会うまでのように、ガムシャラに物事に取り組んでいる人が読んでくれたら、自分の行動を振り返るきっかけにもなるし、頭が整理できると思います。

 

この本は起業を考えている方、仕事で新しいプロジェクトに挑戦する方にもオススメです。新しいことに失敗は付きものですが、私の失敗の経験が勇気づけるはずです。私自身が五里霧中で頑張っている時に出会いたかった1冊かもしれません(笑)。

 

ガムシャラに頑張ることがベストを尽くすことではありません。あなたがやりたいと思えたことをどれだけ成功するまで諦めずに続けることができるか。本気で向き合い行動し続けることが重要だと私は思います。

 

Book List

誰がアパレルを殺すのか』杉原 淳一 (著), 染原 睦美 (著) 日経BP

グローバリゼーションとデジタル革命から読み解く―Fashion Business 創造する未来』尾原 蓉子 (著) 繊研新聞社

2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日』福田 稔 (著) 東洋経済新報社

Tシャツだけで年商30億。』新開 強 (著) 実務教育出版

最新情報をチェックしよう!