「上場請負人」須田仁之が語る 孫正義・野村克也の対強者戦略と必読の書 ”状況に応じて最善の選択を”

業界のトップを走る「プロフェッショナル」が薦める本とは?読書をもっと面白くする実名ソーシャルリーディングアプリReadHubが、独自インタビューをお届けするReadHubTIMES。激動のYahoo!BBの立ち上げに関わったのち、複数の企業の上場に関わり「上場請負人」と称される須田仁之氏。須田氏が体験談を交えながら独自の対強者戦略を持つ孫正義・野村克也氏の2人に触れながらオススメの本をご紹介する。

1973年茨城県牛久市生まれ。早稲田大学商学部卒。1996年にイマジニアに入社し、社長秘書を務める。ソフトバンクグループで衛星放送事業(現スカパー、ブロードメディア)、Yahoo!BBの立ち上げに携わった後、友人が経営するアエリア社にジョインし、CFOに就任。

2004年に同社が東証JASDAQ市場に上場を果たし、ゲーム会社、IT企業、金融企業のM&A・PMIなどに携わる。

現在は複数のベンチャー企業の役員・アドバイザーを務め、エンジェル投資家ならぬ「エンジェル労働家」を名乗っている。

「上場請負人」として

現在、僕は役員・アドバイザーとして多くのスタートアップに関わらせてもらっています。

「エンジェル投資家」と誤解されがちなのですが、元々、投資家というよりも実務畑の労働者タイプなので「エンジェル労働家」って言ってます。 2002年から2005年の間に、経営企画担当や取締役CFOとして3社の上場に関わりました。その後、他のベンチャー経営者から「上場ってどうやってするの?」という相談が来るようになりました。 その流れで上場企業の取締役CFOをしながら、業務時間外に「ゆるい経営アドバイザー」みたいな形でスタートアップ企業の経営のお手伝いをすることになりました。

その際に関わったいた弁護士ドットコム社とクラウドワークス社がたまたま同時期の2014年に上場し、なんとなく「上場請負人」みたいなレッテルが貼られ、そこから急に相談が増えてしまいました。そのタイミングでフリーランスになって今のような「複数のベンチャー企業の経営をお手伝いする」という働き方になりました。 現在はおおよそ20社の定例会議に社外役員・アドバイザーとして参加しているので、本を読む時間の確保という点ではあまりできていないですね。

 

孫正義との日々が話題になる

新卒で「シムシティ」などを手がけるイマジニア社に入社し、最初の仕事は「社長秘書」でした。ベンチャー社長の近くで仕事が出来て、起業家界隈の情報を多く知ることができました。

入社して半年ほどで株式上場を果たし、成長真っ只中だったのですが、仲の良かった同期が早々に転職してしまい、彼に誘われて僕も1年半で転職しました。その転職先が「ソフトバンク社」でした。

一昨年にソフトバンク時代の体験談をstorys.jpというサイトに投稿したらバズってしまいまして、去年、書籍化されました。(『恋愛依存症のボクが社畜になって見つけた人生の泳ぎ方』) Yahoo!BBというインターネットインフラ事業の立ち上げエピソードがメインなのですが、とにかく破天荒なプロジェクトでして、孫正義社長自らが現場に降りて指揮を奮っていました。

とにかく孫さんが非常識すぎるスピード狂で毎日状況は変わり、タスクは絶え間なく降ってきて、不眠不休の毎日でした。今だったら完全に「アウトな働き方」でしょうね(苦笑)。

最新情報をチェックしよう!