”歴史を学び、革命を先導しろ”『鈴木寛』が語る必読書10冊 -後編-

教育が変わることで、世界は変わる

人が歴史を作るのか、歴史が人を作るのか。これは大命題としてあります。そこに大きな影響を持つのが教育だと思います。教育に対して鋭く切り込んでいるのが、最近僕が監修した『教育のワールドクラス―21世紀の学校システムをつくる』です。アンドレアス・シュライヒャーという僕の友人が書いた本で、この人は、エビデンスベースで世界中の教育を調査しています。教育談義において、個人の見解を語る人は多いのですが、その分、この本を読む価値はあると思います。教育は、受けた人の全員が同じ知識を得ることができる視聴率99%のメディアです。他のどんなメディアでも敵わない存在です。これから教育改革が進んでいくので、読んで損のない本だと思います。

また、自著の『熟議のススメ』は、ぜひたくさんの人に読んでいただきたいです。政治において中道が生き残れない時代という話をしたと思いますが、どちらかに極端な人だけが生き残っても最終的にうまくいくかと言えばおそらくNOでしょう。皆さん1人1人が公共哲学を持った上で、熟議をすることができるようになれば、より良い世界になると僕は信じています。

 

※インタビューをもとに作成
インタビュー:青木郷師、文章:高井涼史

 

Book List

テレビが政治をダメにした』鈴木 寛/著 双葉新書

 

文明ネットワークの世界史』宮崎 正勝/著 原書房

シリーズ日本の近代 – 新技術の社会誌』   鈴木 淳 中公文庫

教育のワールドクラス―21世紀の学校システムをつくる』   アンドレアス・シュライヒャー/著 明石書店

熟議のススメ』   鈴木 寛/著 講談社

最新情報をチェックしよう!