“最後まで形に“ 複数の事業売却を経験したエンジニアで起業家の『豊吉隆一郎』が選ぶ4冊。

興味あることを最後まで

私は何を目指しているにせよ、他人と比べることなく、自分のできること、好きなことをやって行くことが最短の道だと思っています。

ハッカーと画家』は優秀なハッカー(本書では優れたプログラマの意味)である著者が、普段は知ることのできないハッカーの考え方を書いた本です。誰もが当たり前だと思っているルールに従順ではなく、良くも悪くも常識外れな結果をもたらすハッカー。

私は20代の頃、自分が内気なオタク(本書でいうnerd)であることに不安を感じていました。「こんな自分の人生はどうなってしまうのだろう?」という感じです。しかし本書で紹介されているハッカーの世界を知ることで、自分のような人たちは世の中にたくさんいてクールなことをたくさんしているし、なんなら最近裕福になった人の多くがプログラマだということを知って勇気をもらいました。

起業家だけでなく、何か自分がこの世界に対してインパクトを与えたいと考えているのであれば、人と比べることなく、できることから行動することで熱意を育て、最後までやり切ることが必要だと私は信じています。

 

※インタビューをもとに作成
インタビュー:青木郷師、文章:高井涼史

Book List

大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある』 ダビッド・J. シュワルツ (著) 実務教育出版

愛するということ 新訳版』 エーリッヒ・フロム (著) 紀伊國屋書店

あなたの人生の物語』 テッド・チャン (著) 早川書房

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち』 ポール グレアム (著) オーム社

最新情報をチェックしよう!